神戸市の肛門科・小児科由美子クリニック

ご予約 / お問い合わせ
078-891-5301

由美子クリニック

MENU

停留精巣・包茎・包皮炎・陰唇融合症など

Medical

Medical停留精巣(精巣の異常)

精巣が陰嚢に触れない場合は停留精巣の可能性があります。リラックスしている時に陰嚢に精巣を触れる場合は移動性精巣といいます。

停留精巣の場合は、そのままにしておくと、将来不妊の原因になったり、癌化することもあるため、手術が必要です。

移動性精巣の場合は必ずしも手術適応ではなく経過観察することもあります。

停留精巣と移動性精巣の区別は難しいので、陰嚢に精巣を触れない場合はご相談ください。

Medical包茎・包皮炎

赤ちゃんが産まれた時はおちんちんの先を包む皮膚(包皮)の口が狭く、先(亀頭)をだせません。成長するにつれて、次第に包皮がめくれて亀頭がでてきます。包皮が赤く、腫れたり、痛みがある(包皮炎)ときは治療が必要となります。

治療は軟膏治療が主です。現在はとても少ないですが、手術を行う場合もあります。

健診で指摘された、おちんちんの気になる症状がある場合は、ご気軽にご相談ください。

Medical陰唇融合症

女児の左右の陰唇が融合して陰部が閉じてしまっている症状です。

おしっこのトラブルや膣炎、膀胱炎などの原因となる場合もあるので、気づいたら、処置が必要です。

外来で実施可能です

新型コロナウイルス関連

赤ちゃん関連

予防接種・乳児健診