神戸市の肛門科・小児科由美子クリニック

ご予約 / お問い合わせ
078-891-5301

由美子クリニック

MENU

ヘルパンギーナ・手足口病

Medical

Medicalヘルパンギーナ・手足口病

ヘルパンギーナと手足口病は、ともにエンテロウィルス属のコクサッキーウィルスによるもので、夏に流行します。主に4歳以下の保育園や幼稚園児に集団流行します。

ヘルパンギーナは高熱を伴い口の中の喉の上に小さな水ふくれができます。痛みを伴うこともあり、食べ物や水分がとれなくなることがあります。

手足口病は手のひら、足の裏、お尻、口の中に水泡・丘疹がみられます。発熱は3分の1くらいの人に出現します。

このウィルス属はたくさんの種類があるので、何回もかかってしまいます。またそのシーズンにより発熱や湿疹の形態や程度も異なります。

ウィルスに有効な薬はありません。水分摂取ができていれば心配は要りません。

自然に治り、解熱し元気であれば通園も可能ですが、稀に髄膜炎や急性心筋炎を合併することがあり、長引く発熱や、ぐったりする、顔色が悪いなどあれば受診してください。

新型コロナウイルス関連

赤ちゃん関連

予防接種・乳児健診