神戸市の女医による肛門科由美子クリニック

ご予約 / お問い合わせ
078-891-5301

由美子クリニック

MENU

へそ疾患

Medical

Medical臍ヘルニア

生後、臍輪が閉鎖しきれずに、臍が突出します、臍輪からは腸管の一部が脱出して臍の皮膚ごしにグジュっとした感じられます。圧迫療法で治療開始することが多いです。大体は生後数ヶ月で臍輪が閉じてしまい臍が凹みます。2歳までには90%が自然に治ります。圧迫療法で治らない場合や、臍の皮膚がのびた状態で治った場合は手術を行います。

Medical臍腸管遺残・尿膜管遺残

発症時期は様々です。新生児や乳児の時に臍が赤くなったり、ジクジクした症状がある場合、へその緒の残ったものが感染して炎症をおこしていることが多く、大体は臍の消毒や抗菌薬の塗布で治ります。治らなかったり、繰り返す場合は臍腸管遺残・尿膜管遺残という疾患の場合があります。胎児の時に形成される臍〜腸管、臍〜膀胱の管はそれぞれ、胎児の時に閉鎖しますが、それが残ってしまい臍炎や臍にイボ状のものができたりします。手術が必要です。

肛門外科疾患とは

小児外科疾患とは

小児科疾患とは

予防接種・乳児健診

求人案内