神戸市の女医による肛門科由美子クリニック

ご予約 / お問い合わせ
078-891-5301

由美子クリニック

MENU

小児外科疾患とは

Medical

Medical小児外科疾患とは

小児便秘外来

乳幼児期の便秘は、離乳食などの食生活の変化、幼稚園・保育園の通園など環境の変化をきっかけが原因となることが多くみられます。稀に、何らかの病気が隠れている場合もありますから、それを除外することが重要です。食生活を含む生活を見直すことが理想ですが、お子さんの場合はなかなか困難です。習慣性の便秘の場合は、…

ヘルニア外来

太腿の付け根の部分(鼠径部)がぽこっと膨れてる場合、鼠径ヘルニアの可能性があります。リンパ節の腫れなどの場合もありますので、診せてていただいて、この病気の可能性が高い場合には手術のできる連携病院へ紹介致します。 生まれてから、へそが突出する症状があります。生後数ヶ月のあいだ圧迫療法を行い、改善するの…

へそ疾患

生後、臍輪が閉鎖しきれずに、臍が突出します、臍輪からは腸管の一部が脱出して臍の皮膚ごしにグジュっとした感じられます。圧迫療法で治療開始することが多いです。大体は生後数ヶ月で臍輪が閉じてしまい臍が凹みます。2歳までには90%が自然に治ります。圧迫療法で治らない場合や、臍の皮膚がのびた状態で治った場合は…

停留精巣

精巣が陰嚢に触れない場合は停留精巣の可能性があります。リラックスしている時に陰嚢に精巣を触れる場合は移動性精巣といいます。 停留精巣の場合は、そのままにしておくと、将来不妊の原因になったり、癌化することもあるため、手術が必要です。 移動性精巣の場合は必ずしも手術適応ではなく経過観察することもあります…