神戸市の肛門科・小児科由美子クリニック

ご予約 / お問い合わせ
078-891-5301

由美子クリニック

MENU

発熱

Medical

Medical発熱

小さな赤ちゃんは体温調節が未熟で室温や厚着によって熱が高くなることもありますので、まず赤ちゃんの環境を確かめ調節してみることも大事です。それでも38度以上の熱が続く、あるいは熱が下がっても不機嫌やしんどそうな症状がある場合は受診をお勧めします。特に3ヶ月未満のお子さんは出来るだけ早めに受診が必要です。

発熱そのものは、主にウイルスや細菌などの病原体の感染が原因です。病原体は熱に弱いので、熱はそのような病原体から体を守るための防御反応の1つです。なので熱があっても元気があったり、水分がとれていたりすれば熱を下げようとする必要はありません。熱による苦痛や疲労がある場合は、解熱剤を使いましょう。

熱を出した赤ちゃんのイラスト

新型コロナウイルスを含む感染症対策について

予防接種・乳児健診